産後の対策 抜け毛と薄毛に効く〇〇

産後の対策 抜け毛と薄毛に効く〇〇

元モー娘。保田圭さんや石黒彩さんが選ぶ〇〇






女性100人の声で作りました。

元モー娘。保田 圭さんや、石黒 彩さんも推奨!

厚生労働省推奨モノグルサミン型葉酸


⇒ 妊活中芸能人がこの葉酸サプリ選ぶ理由とは?

ママが危ない!産後抜け毛・薄毛に気をつけたいあなたに必要な対策とは?

 

⇒ 産後、つらくなったら読む本

 

妊娠時期は、女性ホルモンが特に活発に分泌されます。

 

そもそも、妊娠は女性しかできませんよね。

 

妊娠時には女性ホルモンが大きな働きをしており、

 

その数を増やしている時期なのです。

 

しかし、出産後は、女性ホルモンが妊娠期より

 

必要といったことはありません。

 

ですから、通常の数値に戻るわけです。

 

一気に少なくなることで、ホルモンバランスが乱れで、

 

薄毛を招いてしまいます。

 

ここで産後女性には適切な抜け毛・薄毛対策が必要になるのです。

 

そこで、注目して欲しいのが、

 

女性ホルモンが髪の毛に与える影響です。

 

また、産後の抜け毛とともに頭痛に

 

悩むママも多いようです。

 

これは、骨盤の歪み(リラキシン)が関係しているかもしれません。

 

産後に起きる頭痛と通常の頭痛の大きな違いは、

 

産後の「骨盤のゆがみ」が原因とされています。

 

妊娠すると「リラキシン」というホルモンの影響で、

 

骨盤の仙腸関節の周辺の靭帯が緩み、出産の準備をします。

 

リラキシンが出ている間は、関節が柔らかくなり

 

骨盤が歪みやすくなります。

 

リラキシンは妊娠中から産後6ヶ月間頃まで

 

分泌され、女性の人生で最も骨盤が歪みやすい期間です。

 

骨盤が歪むと、腰椎、胸椎、頸椎も歪んできて

 

神経や血管を圧迫するため、

 

頭部を流れる血流が悪くなることで頭痛が起こります。

 

産後特有のメカニズムのため、

 

だんだんと骨盤の緩みが解消してくると頭痛も軽減されるといわれます。

 

また、授乳による水分不足(オキシトシン)も原因のひとつのようです。

 

産後は授乳をする際に「オキシトン」という子宮を収縮させたり、

 

母乳を分泌させるホルモンが急増します。

 

授乳をすると体の水分が減る為、

 

血液がどろどろになり血流が悪くなるため、

 

授乳中に偏頭痛やめまいを起こすことがあります。

 

多くは出産後8週間程で症状は治まりますが、

 

人によってはそれ以上続く場合もあります。

 

抜け毛も気になりますが、このような頭痛も

 

適切に対応したいものです。

 

先程述べた女性ホルモンは髪の毛の成長期を

 

伸ばす作用があります。

 

女性ホルモンのエストロゲンには、

 

髪の毛に対する大きな作用があり、

 

髪の毛の成長期を伸ばしてくれます。

 

妊娠期をイメージするとわかりやすいと思います。

 

エストロゲンが高まっている妊娠期は、

 

「髪の毛が増えた」といった印象がありませんか?

 

妊娠期は、実際には髪の毛が増えているのではありません。

 

髪の毛の成長期が伸びることで、

 

髪の毛が脱毛しにくくなるのです。

 

多くの髪の毛が同時に生え続ける状態になるので、

 

髪の毛の量が増えたように感じます。

 

そして、出産後はエストロゲンによって成長期が

 

伸びていた髪の毛が一気に抜けるわけです。

 

これが産後脱毛のメカニズムになります。

 

一応は自然現象でもあるので、

 

あまり心配する必要はありません。

 

ただし、産後脱毛の後に薄毛のままとなってしまう

 

女性もいるので注意しなければなりません。

 

産後の抜け毛対策 できることから始める頭皮ケアーの第1歩

まずは、手始めに、すぐできることから頭皮ケアーを

 

始めましょう。

 

産後の薄毛や抜け毛は「ホルモンの減少」「長期的な栄養不足」、

 

「血行不良」「ストレス」などからくる『頭皮の乾燥』が一番の原因で

 

起こります。

 

そのため、産後の薄毛の早期解消には、

 

『健康な頭皮へと戻れるための環境を整える』  

 

ということが一番大切です。

 

“頭皮の保湿”を徹底的にしてあげることが大変重要なんです。

 

そして、頭皮が健康な状態になりそうなときにもう1つ重要なケアがあります。

 

それは、『毛根を育てるのに必要な栄養分』や『育毛促進に効果的な成分』、

 

そして『抜け毛を予防する成分』を頭皮に与えていくことです。

 

頭皮が健康になった後に、元のボリュームまで髪の毛を育ててあげることも

 

より美しい髪を取り戻すためには大切なんですね。

 

では、実際に産後の薄毛に悩む女性はどのようにして改善させているかといいますと、

 

産後の薄毛専用で、赤ちゃんの健康にも安心の成分で作られた

 

『産後の薄毛解消用育毛剤』を一定期間使用しているんです。

 

これが一番、産前の髪の毛の状態へ戻すのには近道なんですね。

 

現代ではおそらく、食事による栄養補給が足りていないこともあり、

 

産後のママの状態も戻りにくくなっているんでしょうね。

 

同じような薄毛の悩みを持つ方がとても多く、

 

そのため、その悩みを解消するための商品も大変たくさんあります。

 

それだけニーズがあるということです。

 


 

 

 

 

抜け毛にhも良い抜け毛がある?形で見分ける良い抜け毛と悪い抜け毛

通常、毛髪は正しいヘアサイクル(毛周期)を繰り返し、

 

生え変わります。

 

ヘアサイクルがうまく機能している場合、

 

毛髪は成長期(5年〜7年)、退行期(約2週間)、

 

休止期(約3ヵ月)のいずれかの状態にあり、

 

休止期が終わると自然に抜け落ちます。

 

これは問題ない「良い抜け毛」で、

 

抜けた後は新しい毛髪が生えてきます。

 

ヒトの髪の毛は約10万本あり、

 

休止期の状態にある毛髪は約10%と考えられています。

 

3ヵ月で10万本の10%(つまり1万本)が抜けるということは、

 

1日あたり約110本が自然に抜ける、ということになります。

 

これが「1日100本くらいは抜けても大丈夫」といわれる根拠です。

 

何らかの原因で、ヘアサイクルがうまく機能しなくなると、

 

ヘアサイクルの途中で毛髪が抜けてしまいます。

 

これが心配な「悪い抜け毛」。

 

早めに対処しなければ、薄毛につながります。

 

あなたの抜け毛が、「良い抜け毛」か「悪い抜け毛」かは、

 

抜けた髪をチェックしてみればわかります。

 

ブラッシングやシャンプーの際に抜けた髪の毛や、

 

枕やタオルについた髪の毛を何本か取ってみて、

 

その形状をよく観察してみましょう。

 

良い抜け毛の形とは?

 

良い抜け毛とは、正しいヘアサイクルを

 

経て抜けた毛髪のこと。

 

毛根にある毛球が完全に角化し、白い球状になります。

 

毛根がふっくらとしていて棍棒のような形をしていることから、

 

「棍毛(コンモウ)」と呼ばれます。

 

抜け毛のほとんどが棍毛であれば、

 

自然に抜けた毛髪ですから、問題ありません。

 

 

今まで損してませんか?抜け毛を増やすシャンプー使ってませんか?

 

頭皮を通じてシャンプーの成分がママの体内に入ってきますので、

 

母乳育児を行っている間だけでも、安価な石油系のシャンプーは

 

控えた方がいいと思います。

 

「頭皮にいいものか?」「産後でも安心して使えるものかどうか?」

 

などを含め、成分や品質を確認することが重要です。

 

産後の抜け毛対策には、どんなシャンプーを選ぶべきなのか、

 

具体的に考えてみましょう。

 

色素や香料がたっぷり使われた、刺激の強いシャンプー、

 

界面活性剤が使われたシャンプーなどは、

 

頭皮の状態を悪くして、抜け毛を悪化させてしまいます。

 

頭皮に優しい「無添加」なもの「オーガニック」な原料を

 

使用しているものを選ぶようにしましょう。

 

ノンシリコンシャンプーは、おすすめです。

 

シリコンとは、髪の毛にツヤを出し、手触りや指通りを

 

良くしてくれる「コーティング剤」の一種です。

 

このシリコンが、頭皮や毛根に付着すると、

 

毛穴が詰まり頭皮の状態が悪くなります。

 

抜け毛対策は「頭皮の状態を良くすること」なので、

 

頭皮の健康を考えると、ノンシリコンシャンプーがお勧めです。

 

最近流行りなのは、アミノ酸シャンプーです。

 

アミノ酸シャンプーは「低刺激」なので、肌の弱い人だけでなく、

 

肌の状態が敏感になっている産後の時期にはお勧めです。

 

しっかりと汚れは落とすものの、必要な皮脂を取り過ぎないので、

 

リンスをしなくても、髪の毛がしっとりします。

 

産後,抜け毛,対策


ホーム RSS購読 サイトマップ